ベビ待ちママとプレママとママのコミュニティサイト VEAUTY
キレイなママになるためのワコールマタニティ 【ウィスパー】気になる不調や悩みはここでチェック
トップ ご利用ガイド サービス紹介 ショッピング サイトマップ
ログイン
ID
PASS

次回からIDの入力を省略
マイコミュニティ
みんなで情報交換コミュニティ VEAUTY CAFE
作成したテーマ一覧
お気に入り一覧

気になる商品をレビューでCheck クチコミランキングRanking
作成したクチコミ一覧
お気に入り一覧
マイダイアリー
基礎体温表
プレママ
ママ
妊娠する前からとても大切な葉酸のこと
もっとベビ待ちママは笑顔になれる
赤ちゃんが出来ないのは何で?不妊について知ろう
バッチフラワーで笑顔でベビ待ち
チャイルドマインダー講座
【たのまな】ベビ待ちママ・プレママ中にこそ資格取得で自分を格上げ!
おこづかい稼ぎ&副業セミナー第3弾
おこづかい稼ぎ&副業セミナー第2弾
おこづかい稼ぎ&副業セミナー
セックスフルで妊娠率UP↑楽しく赤ちゃんを待つ方法♪
私達のカラダ事情 あなたはPMS?
あなたのサプリメント、うまくカラダに補給してる?
ココロとカラダのスキンシップ
ピラティスで妊娠しやすいカラダ作り
あなたの基礎体温、正確ですか?正しい基礎体温の測り方
もう一度生理について考えませんか?妊娠のための布ナプデビュー
冷えたカラダでは赤ちゃんは授からない『冷え取り健康法』
会員からの「これで妊娠しました」
ベビ待ちママ・プレママ・ママに効くサプリ
VEAUTYオススメ☆お悩み別サプリ
女性の健康と妊娠スペシャルセミナー
≪保険見直しセミナー≫開催レポート
千堂あきほサン×松本対談in神戸
「VEAUTY*コンビ」forベビ待ちプレママ
妊娠の為のピラティス&茶話会イベント
ピラティスで妊娠しやすいカラダ作り♪

健康なカラダ作りは、食の見直しから あなたのための子宝レシピ

あなたのカラダは毎日食べているもので作られています。カラダを動かすエネルギーや考える力、喜怒哀楽の感情・・・全て食べものから得ています。
「食」という漢字は、「人」に「良い」と書きます。人のココロとカラダを良くして、健康的で楽しい人生を過ごすためには、食べものはとても大切です。
妊娠したい、ホルモンバランスを整えたい、肌荒れを治したい・・・どんな悩みにおいても全て健康でいることに繋がります。
『健康になる』=『食を見直す』ことから始めましょう。
今回のVEAUTYはココロとカラダを健康にする食を学びながら、妊娠しやすいレシピにスポットを当て、子宝レシピをご紹介します。

食を学ぶ前に…

塩分には気をつけましょう

調味料は食材の味わいを豊かにして、料理に広がりを与えてくれます。
その調味料の代表的なのが「食塩」です。食塩は、ナトリウムを主な成分としています。ナトリウムは、体内の水分量をいつも適切な状態に調節したり、神経や筋肉を正常に動かすために働いたりする重要な役割をします。食塩は、ほぼすべての食べ物に含まれていますから、普通の生活では不足する心配はまずありません。
人は一日2gとるのが適正量だと言われています。しかし、日本人は一日10g以上とっている傾向があるそうです。

塩分を取りすぎると…

高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、胃ガンなどになるリスクが高まる
腎臓に負担

塩分を抑えるためには

使用する調味料は少なめにしましょう
塩からい味付けのものは避けて、薄味に慣れましょう
ナトリウムを調整する働きがあるカリウムをとりましょう
※カリウムの多い食品:こんぶ、わかめ、ひじき、切干大根etc.

ちょっと豆知識:日本では、男性:10g/日、女性:3g/日以下に抑えることが目標とされています。

食事の基本はやっぱり「ごはん・パン・麺類」

主食となるごはん、パン、麺類は、元気パワーの源になる炭水化物が含まれています。
脳の栄養にもなるため、朝からしっかり補給しましょう。
しかし、炭水化物をとり過ぎると血糖値があがりますし、多くとると肥満や糖尿病の原因になったりしますので気をつけましょう。

ごはん

日本の食卓には欠かせないごはん。ごはんには納豆、味噌汁、豆腐がとてもよく合いますが、全て大豆製品だと知っていましたか?
ごはんと大豆(たんぱく質)は一緒に食べることでお互いに足りないものを補い合いエネルギーを作っているため、相性バッチリなんです。
 

パン

主な原料の小麦粉はエネルギー源になる炭水化物を主に含んでいます。
また手軽で食べやすい食品なので、パンを食べる機会はとても増えています。しかし、パンを作る時はバターや砂糖、食塩、卵、油、牛乳などをとても多く使うので食べ過ぎに気をつけましょう。
 

麺類

麺類もごはんやパン同様、エネルギー源になる炭水化物を主に含んでいます。麺類は「主食」であるだけでなく、具と一緒に調理されていたりと「おかず」を一緒に食べることも多いため、同時に様々な栄養もカラダに取り入れることが出来ますので、上手く食生活に取り入れましょう。
大豆入り親子丼

野菜・海藻・きのこをたくさん食べましょう

野菜、海藻、きのこにはビタミンやミネラル、食物繊維など、わたしたちのカラダを健康に保ってくれる栄養素が豊富に含まれています。
それぞれとてもヘルシーな食品なので、積極的に食べて、バランスの良い食事に役立てましょう。

野菜

野菜は色の濃い緑黄色野菜と、それ以外の淡色野菜の大きく2種類に分けられます。

*緑黄色野菜
カロテンという成分を豊富に含んでいて、これが野菜を鮮やかにみせています。カロテンは体内でビタミンAに変換されて、皮膚や目、口内、胃腸、膀胱などの粘膜の健康を守り、ガンの予防にもつながります。
  *淡色野菜
ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、カリウム、食物繊維などのカラダの調子を整える栄養素がたくさん含まれています。

海藻

海藻には鉄、カリウムなどのミネラルがたっぷり含まれています。また、昆布やわかめ、もずくなどのヌルヌル成分である、アルギン酸やフコイダンと言われる水溶性食物繊維は、肌の潤いを保ち、ガンや風邪予防、血圧を下げる効果などがあるといわれています。水溶性食物繊維はコレステロールや糖質の吸収を抑えるはたらきもあります。
 

きのこ

きのこは低エネルギーの食材なのでとてもヘルシー。カルシウムの吸収を助けるビタミンD、体内に入った油を分解してエネルギーにかえるビタミンB2、そして腸を刺激して動きを活発にする不溶性食物繊維などを含んでいます。
その他にも健康になるための様々な栄養素を含んでいるので、日々の食事に取り入れましょう。
ひじきと小松菜和え

魚・豆・卵・肉は上手に食べましょう

魚、豆、卵、肉は、それぞれとても栄養満点な食材です。食べすぎに気をつけなければならないものもありますが、それぞれの特徴を理解してバランスの良い食生活を過ごせば健康になること間違いなし。

魚

魚介類は良質なたんぱく質をとることができます。血液、骨、髪、カラダなどをつくるとても重要なたんぱく質。また、カルシウムやビタミンも豊富に含んでいる魚の良質な油もわたしたちのカラダにとても大切なものです。

Attention
魚は栄養たっぷりの食品ですが、妊婦さんは水銀を溜め込んでしまう大型魚(マグロ、キンメダイなど)には気をつけなければなりません。水銀はお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えます。

 

豆

豆類に含まれるビタミンは糖質をエネルギーに変え、油を燃焼させて動脈硬化を予防したりする働きがあります。また、ミネラルとしては高血圧を予防するカリウムや骨を作るカルシウム、貧血予防の鉄などが含まれています。
そして大豆は「畑の肉」と言われているほど栄養たっぷりで、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを豊富に含みますので、積極的にとるように心がけましょう。

卵

卵は良質なたんぱく質の他、ビタミンB2、鉄、コレステロールなどを含んでいます。
栄養価の高い優秀な食品ですが、コレステロールの制限が必要な人は注意しましょう。

 

肉

肉類は動物の種類によって栄養成分が変わります。そして、肉類の油は血液をドロドロにする成分が含まれているため、出来るだけ他の食材と一緒に食べるようにしましょう。食物繊維やビタミンをとりながら、バランスを保つことが必要です。
かんたんキッシュ 春菊とエリンギの豚巻き

まずは、食生活を見直すことで、自分のカラダを全身元気いっぱいにすることがとても大切です。
各食材の効果、栄養素などを意識してバランスの良い食事をすることで、結果いつもの食材が「子宝レシピ」になるのです。
これからやってくる赤ちゃんのためにも、食生活を見直しお二人のカラダをパワーアップしましょう。そして、赤ちゃんがきやすいカラダつくりを目指しましょう。

食の世界をもっと知りたい!

食の世界は、知っているようで知らないことがたくさん!食材や調理方法・・・食の知識は知れば知るほど面白い情報が満載です。食に対してもっと色々勉強してみませんか?
【たのまな】でフード・健康関連の講座を見る
【参考文献:ふたりで食べたい子宝レシピ】
あなたのご意見、お聞かせください
この記事について、思ったこと、感じたこと、何でも結構ですのでご意見、ご感想をお寄せ下さい。今後特集ページを掲載する際の参考にさせて頂きます。ご意見はコチラからお願いします。
感想書込フォーム
スマホ向け表示