ベビ待ちママとプレママとママのコミュニティサイト VEAUTY
キレイなママになるためのワコールマタニティ 【ウィスパー】気になる不調や悩みはここでチェック
トップ ご利用ガイド サービス紹介 ショッピング サイトマップ
ログイン
ID
PASS

次回からIDの入力を省略
マイコミュニティ
みんなで情報交換コミュニティ VEAUTY CAFE
作成したテーマ一覧
お気に入り一覧

気になる商品をレビューでCheck クチコミランキングRanking
作成したクチコミ一覧
お気に入り一覧
マイダイアリー
基礎体温表
プレママ
ママ
妊娠する前からとても大切な葉酸のこと
もっとベビ待ちママは笑顔になれる
赤ちゃんが出来ないのは何で?不妊について知ろう
バッチフラワーで笑顔でベビ待ち
チャイルドマインダー講座
【たのまな】ベビ待ちママ・プレママ中にこそ資格取得で自分を格上げ!
おこづかい稼ぎ&副業セミナー第3弾
おこづかい稼ぎ&副業セミナー第2弾
おこづかい稼ぎ&副業セミナー
セックスフルで妊娠率UP↑楽しく赤ちゃんを待つ方法♪
私達のカラダ事情 あなたはPMS?
あなたのサプリメント、うまくカラダに補給してる?
ココロとカラダのスキンシップ
ピラティスで妊娠しやすいカラダ作り
あなたの基礎体温、正確ですか?正しい基礎体温の測り方
もう一度生理について考えませんか?妊娠のための布ナプデビュー
冷えたカラダでは赤ちゃんは授からない『冷え取り健康法』
会員からの「これで妊娠しました」
ベビ待ちママ・プレママ・ママに効くサプリ
VEAUTYオススメ☆お悩み別サプリ
女性の健康と妊娠スペシャルセミナー
≪保険見直しセミナー≫開催レポート
千堂あきほサン×松本対談in神戸
「VEAUTY*コンビ」forベビ待ちプレママ
妊娠の為のピラティス&茶話会イベント
ピラティスで妊娠しやすいカラダ作り♪
「バッチフラワー」で笑顔でベビ待ち 旅立った赤ちゃんへの喪失感を和らげるには?

Vol.6 旅立った赤ちゃんへの喪失感を和らげるには?

今まで5回の連載をさせていただいてきましたが、今回6回目のテーマは、その悲しみや辛い感情がもっとも深い状態であると思います。それが、どのような状況であれ、ひとたび自分の所に訪れてくれた生命が、自分よりも先に空に旅立ってしまうということに対する心の痛みは、計り知れないものがあることでしょう。

流産について言うと、その確率は15%程度と言われています。つまり、100人の妊婦さんがいたら15人くらいの人が流産してしまうということになります。これは、よく聞かれるような「身体に無理をかけたから」というよりも、染色体異常などの避けられないものであることがほとんどのようです。

バッチフラワーを取り入れよう

バッチフラワーは、そのようなときも、大切なこころを少しずつ癒していってくれます。そして、バッチフラワーを使いながら、心が少しずつほっとしてくると共に、今までとは違った見方ができるようにもなってくるかもしれません。

このような状況の時に、よく使われるのが、下記のバッチフラワーです。他にも状況に応じて、使えるものがありますので、これに当てはまらない感情があれば、他のバッチフラワーを考えることもできます。いつもと同様7種類まで選ぶことができます。

状態 もう何をやっても無駄なのではないかと思うような気持ちに
おすすめバッチフラワー ゴース
期待される変化 希望を持てるようになり、不可能なことよりも可能なことに目が向けられるように
状態 過去のことを悔やんだり、懐かしんだり、いろいろと考えてしまう
おすすめバッチフラワー ハニーサックル
期待される変化 過去よりも、前を向いて歩んでいけるように助けられる
状態 状況に対して、焦りやイライラを感じる
おすすめバッチフラワー インパチェンス
期待される変化 苛立つよりも、気持ちをゆったりさせられるようになる
状態 もうベビーが来てくれないのではないか、体調は大丈夫かなどと不安になる
おすすめバッチフラワー ミムラス
期待される変化 不安や恐れを感じるよりも、強さや勇気が与えられる
状態 起こったことが自分のせいであると感じ、自責の念に駆られる
おすすめバッチフラワー パイン
期待される変化 自分を許せるようになることで、自分も周りも楽になれる
状態 失ってしまったものに対する喪失感、ショック、トラウマに
おすすめバッチフラワー スターオブベツレヘム
期待される変化 喪失感や哀しみが和らげられ、出来事に対して違った見方ができるように助けられる
状態 どん底の苦悩を感じて、暗闇の中にいるような気持ち
おすすめバッチフラワー スイートチェストナット
期待される変化 希望の光が差し込み始め、気持ちがずっと楽になってくる
状態 周りに影響を受けすぎたり、起こった出来事に縛られて、新しい一歩を踏み出せない
おすすめバッチフラワー ウォルナット
期待される変化 自分の核を保って、周りに振り回されることなく、自分の流れに従うことができる
状態 こうなってしまったのは、誰かや何かのせいだと腹立たしい気持ちになる
おすすめバッチフラワー ウィロウ
期待される変化 苦々しい思いから、楽になって、人生をもっと楽しめるようになる
状態 気持ちが動揺したり、緊張したりと、強いストレスを感じる
おすすめバッチフラワー リカバリーレメディ・リカバリープラス
期待される変化 気持ちが落ち着いて、リラックスできる

S代さんのケース 30代主婦

S代さんは、仕事に夢中になっていた20代を経て、34歳で結婚しました。夫との関係も良好、彼女は前職の関連のアルバイトをしながら、夫婦共に、子宝に恵まれるのを待ち望んでいました。ところが、4年たってもその兆候がありません。そして、不妊治療を始めようかという矢先に、妊娠していることがわかり家族皆で喜びました。妊娠中は、38歳になっていることもあり、家族皆で身体をいたわってくれました。けれども、残念ながら13週を過ぎたところで、中期流産をしてしまいました。そのショックと悲しみを自分の力や家族の慰めだけではぬぐうことができず、カウンセリングを受けるようになりました。

そのカウンセリングで選ばれたバッチフラワーは…

  • 非常に大きなショックと喪失感を感じていたので、スターオブベツレヘム
  • せっかくの赤ちゃんを失ってしまった自責の念を感じていることにパイン
  • 身体が疲労していることにオリーブ
  • 深い悲嘆と苦悩に対してスイートチェストナット
  • 特に動揺したりストレスが強いときには、別途飲むものとしてリカバリープラス

こちらをとっていく中で、赤ちゃんを失ったショックや悲しみが癒されていくと共に、今までにないような気づきがありました。それはバッチフラワーを使ううちに、ある出来事を思い出したことによって、起こったのです。

S代さんには、4歳下の妹がいます。妹が生まれたときは、とても嬉しく、小さなお母さん気取りで、率先して面倒を見て、可愛がっていました。両親とも共働きで忙しかったために、二人は保育園に預けられました。
S代さんが小学校に上がり、妹が2歳になったある日の休日、お母さんが急な買い物があるので、二人でお留守番をして欲しいと、S代さんに頼んで出かけていきました。
S代さんは、妹に目を配りつつも、ピアノの発表会の前だったので、一生懸命練習をしていました。ふと気づくと、S代さんが宿題に使ってテーブルの上に置いたままにしていた綺麗な色の花の形の消しゴムを妹が口に入れています。慌てて大きな声を出している所に、お母さんが帰ってきて、口から出させることができ、事なきを得ました。けれども、このときに、お母さんが「あんたには、子どもの世話は任せられないね」ときつい口調で言ったのです。

このことは、普段思い出されることがなかった出来事でしたが、今回のことで、思い出し、同時に、今まで意識化されることがなかった様々なことに気づくことができました。

  • 忙しい両親のために、手のかからない良い子でいようと自分は一生懸命であった。
  • 妹が可愛いというのもあったが、両親のために、良いお姉さんでいようともしていた。
  • しかし、その出来事によって、自分は子どもの世話はうまくできないのだと信じるようになった。
  • それでも、一生懸命妹の世話は続けていたし、何事も完璧にうまくやろうとしていたが、常に自分はうまくできていないという不全感があった。
  • 「子どもの世話をうまくできない=母親になれない」という図式を自分の中に、無意識に作り上げていたのかもしれない。
  • そういえば、どこかで、子どもができたら、自分はうまくできないから困るかも…というような思いがあった。

これらは、S代さんにとって大きな変化をもたらす気づきとなりました。そして、その表面化した感情に対して、新たにバッチフラワーを選び、飲んで頂くことにしました。

  • 過去の体験のショックにスターオブベツレヘム
  • 自分の失敗に対して、自責の念を感じていることにパイン
  • 自分が完璧でないといけないという思いにロックウォーター
  • 過去に起こったことのしがらみから解放されるようにウォルナット
  • ちゃんとできないのではと自分の能力に自信が持てない状態にラーチ

身体の疲労感や、深い悲嘆と苦悩の気持ちは楽になってきていたので外し、代わりに、
・ロックウォーター ・ラーチ ・ウォルナット
が加えられました。リカバリープラスは、強いストレスを感じたら飲んでもらうようにしました。

その結果、彼女は、自分自身を許し、また、幼いときに起きた出来事についても、母親はその後も信頼して妹の面倒を任せてくれていたことを考えても、母親は単に余裕がなくて、たまたまその言葉を発してしまっただけなのだろう、また、自分は妹を本当に可愛がっていたし、周りの友達と比べても子どもの面倒を見ることができたはずだ・・・と思えるようになりました。
そして、その辛い出来事があってから、13ヶ月。彼女の元に再びベビーがやってきてくれました。今では元気な女の子のお母さんとなっています。

一概には言えないかもしれませんが、このように、何か精神的に抑えているようなものがあったときに、バッチフラワーなどでそれを外すことで、願いが叶うということもよく見られます。
ともかく、本当にその辛い出来事が起きた時、その出来事が起きてから、バッチフラワーをとるのが早ければ早いほど、理想的であると言えます。それ以上感情を重ねる前に、癒してあげることができるからです。しかし、もしその時から何年もたってしまっていたとしても、まだその出来事が尾を引いているのであれば、やはりバッチフラワーを現在の状態に合わせてとることが助けになります。

このバッチフラワーを作ったエドワード・バッチ博士は、魂は永遠であって、肉体はこの人生を生きるための乗り物のようなものであると考えていました。
少々神秘的な話に聞こえるかもしれませんが、実際にいろいろな方のカウンセリングをさせて頂くと、本当にお腹にいる赤ちゃんも、先立っていった赤ちゃんも、ちゃんと意識があるというような気がしてなりません。それを信じるかどうかは、自由なのですが、少なくとも信じることによって、だいぶ救われることが多いように思います。

こちらのバッチフラワーを推薦し、臨床の現場で活用して下さっている産科医で、池川クリニック院長である池川明先生の著書「ママ、さよなら。ありがとう」も、そのあたりのことが多く書かれています。
よろしければ是非ご一読下さい。今までの見方と違った視点が多く得られることでしょう。

バッチフラワーの世界をもっと知りたい!

心を平和にするバッチフラワーについて、もっと学んでみませんか?
詳細はこちら
白石由利奈先生 一般財団法人日本フラワーレメディセンター代表理事
白石由利奈 先生

米国NLP協会認定マスタートレーナー
リチャード・バンドラー博士認定 Enhancing International Cooperation
米国NLP協会認定ビジネスマスタープラクティショナー
一般財団法人NLPミレニアムジャパン 代表理事
株式会社SEEDS OF LIGHT 代表取締役

あなたのご意見、お聞かせください
この記事について、思ったこと、感じたこと、何でも結構ですのでご意見、ご感想をお寄せ下さい。今後特集ページを掲載する際の参考にさせて頂きます。ご意見はコチラからお願いします。
感想書込フォーム
スマホ向け表示