ベビ待ちママとプレママとママのコミュニティサイト VEAUTY
キレイなママになるためのワコールマタニティ 【ウィスパー】気になる不調や悩みはここでチェック
トップ ご利用ガイド サービス紹介 ショッピング サイトマップ
ログイン
ID
PASS

次回からIDの入力を省略
マイコミュニティ
みんなで情報交換コミュニティ VEAUTY CAFE
作成したテーマ一覧
お気に入り一覧

気になる商品をレビューでCheck クチコミランキングRanking
作成したクチコミ一覧
お気に入り一覧
マイダイアリー
基礎体温表
プレママ
ママ
妊娠する前からとても大切な葉酸のこと
もっとベビ待ちママは笑顔になれる
赤ちゃんが出来ないのは何で?不妊について知ろう
バッチフラワーで笑顔でベビ待ち
チャイルドマインダー講座
【たのまな】ベビ待ちママ・プレママ中にこそ資格取得で自分を格上げ!
おこづかい稼ぎ&副業セミナー第3弾
おこづかい稼ぎ&副業セミナー第2弾
おこづかい稼ぎ&副業セミナー
セックスフルで妊娠率UP↑楽しく赤ちゃんを待つ方法♪
私達のカラダ事情 あなたはPMS?
あなたのサプリメント、うまくカラダに補給してる?
ココロとカラダのスキンシップ
ピラティスで妊娠しやすいカラダ作り
あなたの基礎体温、正確ですか?正しい基礎体温の測り方
もう一度生理について考えませんか?妊娠のための布ナプデビュー
冷えたカラダでは赤ちゃんは授からない『冷え取り健康法』
会員からの「これで妊娠しました」
ベビ待ちママ・プレママ・ママに効くサプリ
VEAUTYオススメ☆お悩み別サプリ
女性の健康と妊娠スペシャルセミナー
≪保険見直しセミナー≫開催レポート
千堂あきほサン×松本対談in神戸
「VEAUTY*コンビ」forベビ待ちプレママ
妊娠の為のピラティス&茶話会イベント
ピラティスで妊娠しやすいカラダ作り♪
「バッチフラワー」で笑顔でベビ待ち ベビ待ちママに、なぜバッチフラワーが役立つの?

Vol.2 ベビ待ちママに、なぜバッチフラワーが役立つの?

ベビ待ちのママにとって、いろいろなストレスがある中で、治療の痛み等の身体的なストレスもさることながら、精神的なことがもっとも辛かったという声をよく聞きます。

  • 周囲からのプレッシャー
  • 先行きが見えない不安
  • パートナーとの意識のすれ違いからくる失望や憤り
  • 望ましい結果が出ないことへの落ち込み
  • 神経を逆なでするような周りの態度へのイライラや嫉妬 など

決して心地良いとは言えない感情に支配されてしまって抜け出せないような感じがすることもあるでしょう。
そういった方の中には「そんなことは思ってはいけない」とか「ポジティブに考えなければ」と努力を重ねているにもかかわらず、なかなか他の人に相談もしづらく、空回りをしてしまうこともあるのではないでしょうか?

心情や感情のコントロールについて

心の状態や感情は、なかなか自分の理性ではコントロールすることが難しいときもあるかと思います。
それはなぜかと言うと、理性は意識の表層にあるのに対して、感情は意識の深いところから来ているからです。
【例えば】 期待していたことがうまくいかず、がっかりしてしまった場合
ずっと頑張ってきたのに報われないことに悲しい思いでいる… そんなときに

周りは慰めたり励ましたりしてくれる
自分ではこんなことで落ち込んでいてはいけないと気持ちを明るく奮い立たせようとする

しかし、その感情はフタをしても、どこかへ行ってくれるわけでもなく、そこに居座ってしまうことも…。
一時的には明るく振る舞えても、一人になると、その感情の辛さが忍び寄ってきたりする場合もあるかもしれません。
自分の中に、≪そんなことは思ってはいけないと律しようする自分≫≪どうしてもその気持ちを感じてしまう自分≫がせめぎ合って、葛藤を起こしてしまうこともよく見られます。
人と10分ケンカをするだけでも、すごく消耗したり動揺したりするのに、自分の中でケンカが起きているとしたら、それは自分とのお付き合いは毎日24時間あるわけですので、葛藤している分、すごくエネルギーを消耗していることになります。

そして、何とかやりすごしているうちに、解放されないままの感情が澱(おり)のように積もってきて、気持ちが鬱々としてきたり、一気に爆発したいような気持ちにさいなまれる方もいらっしゃいます。

そんなときこそバッチフラワーの出番

そんなときこそ、バッチフラワーを自分の感情に合わせてとるようにします。
38種類+強いストレスのためのバッチフラワーのうち、7種類まで一度に一緒にとることができますから、たいていの場合、自分の今のあらゆる感情をカバーすることが出来るはずです。

また
↓強いストレスや緊張感には↓
リカバリーレメディ(レスキューレメディ)
↓不安を伴うような強いストレスには↓
リカバリープラスやエマージェンシースプレー
がとてもよく使われています。

病院に行くときの緊張感や、ショックなことがあったとき、生理痛がひどい時のストレスなどにもいいでしょう。 落ち着いて対処できたり、心身ともに楽になるように助けてくれます。

エマージェンシークリームは、これを外用にしたクリームです。

では、バッチフラワーを使うことが、日常生活や人生に、どんな違いを生み出すか、ちょっと例を挙げて説明してみましょう。

A子さん(38歳) 結婚して5年目 不妊治療を受け始めて14ヶ月目のベビ待ちママ

ある朝、起きて何か気分が優れないと感じました。
身体も重いし元気を感じられないまま、無理して朝食の支度を始めました。
ところが、昨夜遅く帰ってきた夫が支度が遅いと文句を言ってきたのです。思わずカッとして「それなら自分でやってよ。私だって仕事してるんだから。」と声を荒げてしまいました。
笑顔ひとつない気まずい無言の空気の中でそこそこに朝食も終わり、バタンと戸を閉める音がして、仕事に出かけた夫。
そうすると、夫に怒ってしまった後悔や自責の念、焦燥感、夫とうまく折り合えない悲しさ、赤ちゃんのこともいつも以上に辛く感じられる気持ちがこみ上げてくるのを抑えたまま、無理をして仕事に出かけます。
A子さんの、とても辛い状態が伝わってきます。
仕事に出かけても、頑張り屋のA子さんのことですから、その気持ちを抑えてまた無理を重ねてしまうかもしれません。

そんなA子さんがバッチフラワーを知っていたらどうでしょうか?

朝起きて、何か気分が優れないと感じる以前から、普段のちょっとした感情のひずみに対して、自分でバッチフラワーを選んでとることができます。
例えば、前の晩から、今日は疲れたなぁと思ったら、夜飲むハーブティーにオリーブのバッチフラワーを入れて飲むとか、お風呂に入れるなど・・・。朝起きて、気分が優れないと思ったら、その気持ちに合わせてバッチフラワーをまた朝のお茶やコーヒーに入れてとることもできます。
朝食を始める頃には、だいぶ気持ちが楽になっていて、夫とも楽しい会話ができるかもしれませんね。
仕事に出かけても、周りの状況にかかわらず、気持ちが安定し、爽やかに対応できるでしょう。
感情を雪だるまのようにため込む必要もなく、自分の魅力を発揮していきやすくなるのです。

バッチフラワーをとることで…

こまめに自分の気持ちと向き合い、自分を大切にすることも習慣になり、それは自ずと他の人ともより良い関係になったり望ましい現実を創ることにも繋がっていくのです。

精神状態と不妊治療との関わり

近年では、精神状態と不妊治療との関わりも研究されるようになってきました。

【東海大学の研究】
不妊症の女性同士が悩みを話し合う心理療法を週一回続けていったところ、3倍近くも妊娠率が上がったという発表がされています。
同大の松林秀彦講師は「同じ悩みを持った女性同士が集まり心の支えになった。不妊症の原因には心理的な要素が占める割合が大きい」とおっしゃっています。

【アメリカのカリフォルニア大学の研究チーム】
不妊治療や治療にかかる金額について、必要以上に心配することは治療の成功率を低くすると、医学雑誌「Fertility and Sterility」に発表しています。
治療を受ける方にとって、治療内容、副作用、治療の痛み、費用や治療中の仕事への影響、また治療の成果など、さまざまなことが心配になるのは本当に当然のことだと思います。

しかし、この研究では
■治療に関して心配し過ぎた場合、そうでない人に比べて
採卵出来た卵子の数が19%、受精出来た卵子の数では20%少なかった
■治療による仕事への支障について不安が大きい女性は、そうでない女性に比べて
受精出来た卵子の数が30%も少なかった

と報告されています。
それまで精神的な状態と治療結果との生理学的関係は、ほとんど明らかになっていなかったのですが、治療について心配し過ぎることのストレスは、治療にはマイナスに働くことが分かったと、アメリカ生殖医療学会の会長は述べています。

そういった研究が進むにつれて、これからベビ待ちママに対して精神的なケアをしていくことが不可欠であるという見方が、日本の医療関係者の中でも少しずつ広まってきています。
VEAUTYのようなサイトで、繋がってお互いに助け合うこともとても役に立つと思いますし、バッチフラワーのようなシンプルで副作用や害のない安心して使える、心を癒す方法を使うことも本当に助けになるでしょう。

産婦人科医の池川先生も推薦しています

妊娠を望んで治療中の方や妊娠中や授乳中の女性に薬剤を使いたくないという思いは、どなたにも共通していると思います。しかし、このようなときには色々なトラブルが起こり、薬剤が必要な場合も少なくありません。
そして、妊娠に関わるトラブルの原因は精神的なことであることがしばしばです。
産科医としては薬剤を極力使わずに、このトラブルに対処する方法がないか探していたときに、バッチ博士のフラワーレメディと出会いました。
バッチ博士の到達した「真の病気の原因は感情や心の乱れにある」とする考えとそのレメディによる対処法は、妊娠に関わるトラブルに対処するのに優れた方法だと考えております。
副作用がなく、依存性や習慣性もないこのバッチのレメディは、他の薬剤や治療法と併用することができ、自分で選択することも出来ます。多くの方に知っていただき、妊娠に関することに限らず色々な場面で愛用していただければ、と願っております。

横浜市池川クリニック 産科医 池川 明先生

感情には、本当は良い悪いはないのです。落ち込むことや怒りを感じることで自分を大切にしたり、いたわったりすることの必要性に気づくかもしれませんし、恐怖を感じることで自分を守ることもできるのです。特に長い目で見た場合、その感情を体験したことで、得られるものは必ずあるはずです。

ですから、まずは、その感情を否定したり押し込めたりせずに、自然なこととして向き合ってあげること。
また、自分がこれまで頑張ってきたことや努力してきたことがきっとたくさんあるはずです。それを自分で認めてあげることが大切かと思います。

そして、同じ時期を過ごすなら、辛い思いをして過ごすよりも、ゆったりと安らかな気持ちで過ごせた方がずっと良いですよね。
バッチフラワーは優しく穏やかにあなたの本来の心の平和を取り戻すお手伝いをしてくれます。

バッチフラワーの世界をもっと知りたい!

心を平和にするバッチフラワーについて、もっと学んでみませんか?
詳細はこちら
白石由利奈先生 一般財団法人日本フラワーレメディセンター代表理事
白石由利奈 先生

米国NLP協会認定マスタートレーナー
リチャード・バンドラー博士認定 Enhancing International Cooperation
米国NLP協会認定ビジネスマスタープラクティショナー
一般財団法人NLPミレニアムジャパン 代表理事
株式会社SEEDS OF LIGHT 代表取締役

あなたのご意見、お聞かせください
この記事について、思ったこと、感じたこと、何でも結構ですのでご意見、ご感想をお寄せ下さい。今後特集ページを掲載する際の参考にさせて頂きます。ご意見はコチラからお願いします。
感想書込フォーム
スマホ向け表示